テグレトールと脳の写真

テグレトールは、てんかんの発作を予防するために処方される薬です。主成分であるカルバマゼピンは、脳の興奮を抑制する作用があります。では実際にテグレトールはてんかんに効果があるのか、使用している人の意見を聞いてみましょう。

テグレトール服用実体験記録の2016年10月記事一覧

  • テグレトールの小児けいれんについて

    テグレトールとは、抗てんかん薬として作られた向精神薬です。てんかんの発作は全体発作と部分発作とありますが、テグレトールには服用することによって、興奮状態を抑え、けいれんや幻覚そして錯乱などの部分発作を抑える作用が働きます…続きを読む