テグレトールと脳の写真

テグレトールは、てんかんの発作を予防するために処方される薬です。主成分であるカルバマゼピンは、脳の興奮を抑制する作用があります。では実際にテグレトールはてんかんに効果があるのか、使用している人の意見を聞いてみましょう。

脳梗塞の後遺症で暴言が出た時に処方するテグレトール

脳梗塞は、下手をすれば命を落とすこともある恐ろしい病気です。
そして、命が助かったとしても、後遺症が出れば、一生悩まされることになりかねません。
後遺症は、どのような形になるのか人によって異なりますが、暴言が出てくることもよくあることです。

暴言は、その人の性格が問題なのではありません。
脳梗塞になる前は、とても優しい人だったのに、病院を退院してから、急に性格が変わったという人こともあるのです。
なぜ、そのようなことになるのかというと、脳梗塞により感情をコントロールする部分が壊死してしまうことで、すぐに感情が昂ぶってしまうからです。
感情が高ぶりすぎると、何を言って良いのか、悪いのかの判断をすることが難しくなります。
それが暴言に繋がるのです。
このようなときに効果があるのが抗てんかん薬のテグレトールです。
テグレトールは、脳神経を鎮める働きにより、てんかんの発作を抑える働きがあるのですが、その効果で、暴言を抑える事ができるのです。
もちろん、テグレトールは感情をコントロールする事ができても、脳の機能を復活させるわけではありません。
ですから、永遠に暴言が出ないようにするわけではない、ということは理解しておくことです。
それに、副作用も出てきます。
眠気が強くなったり、集中力が低下したりするので、車の運転など集中しなければいけないときに飲むと危険です。
それに過剰に服用すればカルバマゼピンという成分の中毒症状が出てしまいますから、服用をするときには、十分に注意が必要です。

しかし、それらの副作用があったとしても、周囲にいる家族の心を守るためには、テグレトールを飲むことには意味があります。
安全にテグレトールを使うためにも、服用時には誰かに側でついてもらう、といった気配りをしておくことです。