テグレトールと脳の写真

テグレトール服用実体験記録

テグレトールは、てんかんの発作を予防するために処方される薬です。主成分であるカルバマゼピンは、脳の興奮を抑制する作用があります。では実際にテグレトールはてんかんに効果があるのか、使用している人の意見を聞いてみましょう。

テグレトールの副作用を感じた人

テグレトールカルバマゼピンを主成分としたてんかんの発作を治療する事を目的として作られた向精神薬の名称です。
この主成分のカルマバゼピンは1957年に作成され、その後テグレトールが開発され1963年にイギリスとスイスで発売されるようになります。
日本での販売が開始されたのは1966年で、現在でも三叉神経治療薬や抗てんかん薬としてテグレトールは広く利用されています。
テグレトールの主成分であるカルマバゼピンはNa+チャンネルと呼ばれるグルタミン神経の受容体を遮断し電解質のナトリウムとグルタミン酸の結法を防ぎ神経が電気的な影響で興奮状態にならないよう抑制する効果があります。
てんかんの発作の症状には全体と部分の二つに分類されますが、テグレトールは部分てんかんに対して効果を発揮する薬になります。
テグレトールなどのような抗てんかん薬と呼ばれる薬は通常ハイリスク薬品という分類がされるものです。
これはその名の通り使用方法を間違えたりした際にリスクがあったり、服用後に副作用が発生する可能性が高い薬のことを言います。
特に危険なのが他の薬との併用で、特定の薬と抗てんかん薬とを併用するとてんかんが起きやすくなってしまう事もあるため注意が必要になります。
そのため、このようなハイリスク薬品を利用する場合には現在服用中の処方薬も含めて医師に報告し相談するようにしましょう。
テグレトールを服用した際に起こる可能性のある副作用でもっとも良く起きるものはめまいや眠気です。
これはテグレトールに限らず他の抗てんかん薬でも起きやすい副作用で、あまりにひどい場合は薬の服用を中断する必要も出てくるので、症状が発生したら迷わず医師に相談するようにしましょう。

■テグレトール以外にもてんかんに有効な薬があります
ラミクタール